どのようなことが起こるかわからない

動脈硬化とは血管がボロボロになり、脳卒中や心臓病を患う病気です。

動脈硬化は、一言で言えば、血管の小廊下になります。動脈は本来とてもしなやかで、収縮性や弾力性が有り、内側はツルツルと滑らか、しかし、年月とともに、血管の内側は傷ついてきます。


すると、コレステロールや中性脂肪などの脂質が蓄積したコブが出来、血管壁が暑くなり、血管お流る陰が狭くなります。

こういった状態が動脈硬化なんですね。
原因としては、喫煙、加齢、脂質異常症、高血圧、糖尿病など。いろんなことが関係するために気をつけないといけませんね。

いつどんなことが起こるかわからないので、

[PR]

by piwawe | 2015-02-23 17:55